幼少期の楽しかった思い出は秋に集中している

最近は春に運動会を行う学校が増えている様ですが、私の通っていた小中学校では秋に行われていました。
遠足も秋に行われ、秋には楽しみがたくさんありました。

私の通った小学校は生徒数が少なかったため、隣接の幼稚園と合同で行い、各地区の父兄が参加する演目もありました。
午前中に幼稚園児と小学生の演目が行われ、お昼休憩は家族の待つ地区テントでお弁当を食べました。
お昼休憩が終わり午後の演目が始まる前に、4年生から6年生が夏休み前から練習してきた鼓笛隊の行進を披露しました。
行進が終わると、いよいよ地区代表の父兄たちによる競技が行われ、子供も大人もみんなで楽しめました。

春の遠足はバスで出かけ工場などを見学しましたが、秋の遠足は自然を歩いた思い出があります。
山道を歩いたり、山を登ったりしたので辛くて大変でしたが、目的地に到着してみんなで弁当を食べると、疲れも吹っ飛んで最高に気持ち良かったです。

紅葉を見ながらみんなで歩いた経験は、私の大切な秋の思い出です。ミュゼ 最安値