かぶと虫のその後。土の中に白い米粒みたいなのを発見。

息子が育てているかぶと虫。オスとメスと一匹ずついる。相変わらず夜になるとブーンブーンと飼育箱のなかで羽をバタバタさせて私の睡眠を奪っている。
毎朝、幼稚園に行く前に息子とかぶと虫の飼育箱を覗いているのだけど、今朝、土の中に白い米粒みたいなのを発見した。あっ、卵…。発見した息子はちょっと興奮ぎみだ。いくつあるんだろう。
土が被っていないと乾いてしまうので、そっと土を被せた。

幼稚園に行って、ちょうど、かぶと虫博士と呼ばれているママ友に会えたので卵の事を報告。
そのママ友によると、卵が産まれるには少し時期が早い様だ。異常気象の関係かなぁと。
卵が産まれたのでオスとメスを別々のお部屋にと言うので、夕方息子と一緒に飼育箱と土を買いに出掛けた。

夜、仕事から帰って来た旦那が息子と一緒にオスとメスを別々のお部屋に分けた。
うまく卵がかえるといいなぁ。と思いながらも、卵の数がわからないので、何匹の幼虫が出てくるのかちょっと不安だ。今から幼虫の入れ物を集めておこう。
いっぱい生まれちゃったら少し幼稚園に持っていって副園長先生にお世話をお願いしようかなぁ。http://www.fndg.co/promise-sinsa.html